◎3,4歳(幼児)の自転車練習方法のポイント(2)

【最初の加速動作が一番難しい】

 

 

今回はまだ小さい子どもがどうやったら自転車に乗れるようになるかについての2回目になります。

 

 

ランバイク(キックバイク)で2輪のバランスがとれるようになっていることが前提ですが、ランバイクからの乗り換えであれば3,4歳の幼児でも自転車に乗ることが出来ます。

 

 

しかし簡単に乗れるかというとそうではない場合が多いので、難しく感じる原因とその対策をご紹介していくシリーズになります。前回の内容も簡単におさらいしますが、気になる方はぜひ前の記事もご覧ください^^

 

 

◆難しく感じるポイントとして今回あげるのはまず以下の5つです。今回は②からとなります。

 

 

①ペダルから足が外れてしまいこげない(前回の内容)

 

 

➡靴の裏、ペダルの表面を観察し、滑る状態になっていないか確認しましょう。ランバイクのブレーキングで靴の裏が摩耗している場合や、初期装備のペダルが良くない場合があります。また、シート高が低いために股関節の動きがタイトになり、まっすぐペダルを踏み込めていない場合があります。口頭指示やシート高の調整で解決できるかもしれません。

 

 

②初動の加速が出来ず倒れる

③走り出しても踏み込むタイミングがわからない

④足でブレーキをかけてしまいがち

⑤カーブで滑ってしまう

 

 

それではここからが今回のお話です。

 

②初動の加速が出来ず倒れる

 

 

自転車でもバイクでもそうですが、2輪車はそもそも停止中に自立できな乗り物で、不安定です。速度が出ることで安定感が出てくる仕組みになっており、最も転びやすい瞬間というのは速度が0の状態、すなわち発進(こぎだし)の瞬間です。

 

 

自転車にまたがって、進み始める瞬間が一番不安定で難しいので、ここで挫折してしまうお子さんは多いと思います。

 

 

いきなり転んで恐怖心や苦手意識を持ってしまうと、幼児の場合特に容易にやる気をなくしがちなので、親御さんが練習を工夫してあげる必要があります。

 

 

この練習の工夫として、練習環境と技術面とご説明します。

 

 

まず環境面ですが、やってしまいがちな間違いとして、芝生などの草が生えているところや、砂がひいてある公園内で練習を開始してしまうことです。転んだら痛そうだからとついこういう場所を選びがちですが、草はタイヤの転がり抵抗が強く加速に力がより必要になってしまいますし、砂はタイヤが滑ってトラクションがかかりにく加速しづらいのです。

 

 

そのため意外かもしれませんが最初の練習に適している路面は固い路面と言えます。欲を言えば路面の凹凸の少ない舗装されたコンクリート路面がベストです。自転車に乗り始めたばかりの幼児は漕ぎだしに慣れておらず、ちょっとした路面の凹凸でもふらついたりしてしまいます。

 

 

タイヤの回転を邪魔しない平坦な路面で、親御さんが背中やサドルの後ろを持って押しながら駆け足で一緒に走ってください。下り坂で練習した方がいいというのはよく耳にしますが、はじめは子どもも怖がりますし、下り坂だと大人が後ろで支えられないので、最初は平坦をお勧めします。

 

 

次に技術的なポイントとして、子ども自身での初動の加速の仕方を覚えてもらうことです。速度0の状態からいきなりペダルに足をかけると、幼児の筋力ではこぎだせません。はじめは上で書いたように大人が加速を手伝いますが、自分でも加速出来るようになると子どもが楽しいばかりでなく一気にお手伝いの仕事量が減り、親御さんも楽になります(笑)

 

 

具体的にどうすればいいかというと、右でも左でもいいのですが、どちらかの足で地面を3回蹴って加速させます。

 

 

大人だと当たり前のような感じもしますが、教えないと幼児にはわかりません。ランバイクと違ってペダルがある分、地面をけるという動作がやりにくいので、ペダルが前、足が後ろという位置関係を左右どちらかでつくり、地面をその足でちょんちょんと蹴らせます。

 

 

16インチなど若干大きいサイズの自転車に乗る場合は足つきが悪くこの動きが案外難しいですが、若干車体を蹴る足側に傾けてから始めるといいです。親御さんがペダルと足の位置関係をセッティングし、地面をけるタイミングに合わせてトントントンなどの声掛けをすることで加速が生み出せます。はじめはこの動き+背中押しで加速させたり、ほんのちょっと下り坂になっている場所でやってみるのも良いです。

 

 

それでは今日はこのあたりで^^また次の記事で続きをかいていきますので、見て下さいね^^

 

 




《店舗情報》 ◎住 所   〒851-0126 長崎県長崎市芒塚町239-3
       ◎営業時間  【ジム】6:30〜20:00 【カフェ】 11:00〜15:00     ※駐車場有り
       ◎定休日   日曜日、第1・3月曜日

3,4歳(幼児)の自転車練習方法のポイント(2)

【最初の加速動作が一番難しい】

 

 

今回はまだ小さい子どもがどうやったら自転車に乗れるようになるかについての2回目になります。

 

 

ランバイク(キックバイク)で2輪のバランスがとれるようになっていることが前提ですが、ランバイクからの乗り換えであれば3,4歳の幼児でも自転車に乗ることが出来ます。

 

 

しかし簡単に乗れるかというとそうではない場合が多いので、難しく感じる原因とその対策をご紹介していくシリーズになります。前回の内容も簡単におさらいしますが、気になる方はぜひ前の記事もご覧ください^^

 

 

◆難しく感じるポイントとして今回あげるのはまず以下の5つです。今回は②からとなります。

 

 

①ペダルから足が外れてしまいこげない(前回の内容)

 

 

➡靴の裏、ペダルの表面を観察し、滑る状態になっていないか確認しましょう。ランバイクのブレーキングで靴の裏が摩耗している場合や、初期装備のペダルが良くない場合があります。また、シート高が低いために股関節の動きがタイトになり、まっすぐペダルを踏み込めていない場合があります。口頭指示やシート高の調整で解決できるかもしれません。

 

 

②初動の加速が出来ず倒れる

③走り出しても踏み込むタイミングがわからない

④足でブレーキをかけてしまいがち

⑤カーブで滑ってしまう

 

 

それではここからが今回のお話です。

 

②初動の加速が出来ず倒れる

 

 

自転車でもバイクでもそうですが、2輪車はそもそも停止中に自立できな乗り物で、不安定です。速度が出ることで安定感が出てくる仕組みになっており、最も転びやすい瞬間というのは速度が0の状態、すなわち発進(こぎだし)の瞬間です。

 

 

自転車にまたがって、進み始める瞬間が一番不安定で難しいので、ここで挫折してしまうお子さんは多いと思います。

 

 

いきなり転んで恐怖心や苦手意識を持ってしまうと、幼児の場合特に容易にやる気をなくしがちなので、親御さんが練習を工夫してあげる必要があります。

 

 

この練習の工夫として、練習環境と技術面とご説明します。

 

 

まず環境面ですが、やってしまいがちな間違いとして、芝生などの草が生えているところや、砂がひいてある公園内で練習を開始してしまうことです。転んだら痛そうだからとついこういう場所を選びがちですが、草はタイヤの転がり抵抗が強く加速に力がより必要になってしまいますし、砂はタイヤが滑ってトラクションがかかりにく加速しづらいのです。

 

 

そのため意外かもしれませんが最初の練習に適している路面は固い路面と言えます。欲を言えば路面の凹凸の少ない舗装されたコンクリート路面がベストです。自転車に乗り始めたばかりの幼児は漕ぎだしに慣れておらず、ちょっとした路面の凹凸でもふらついたりしてしまいます。

 

 

タイヤの回転を邪魔しない平坦な路面で、親御さんが背中やサドルの後ろを持って押しながら駆け足で一緒に走ってください。下り坂で練習した方がいいというのはよく耳にしますが、はじめは子どもも怖がりますし、下り坂だと大人が後ろで支えられないので、最初は平坦をお勧めします。

 

 

次に技術的なポイントとして、子ども自身での初動の加速の仕方を覚えてもらうことです。速度0の状態からいきなりペダルに足をかけると、幼児の筋力ではこぎだせません。はじめは上で書いたように大人が加速を手伝いますが、自分でも加速出来るようになると子どもが楽しいばかりでなく一気にお手伝いの仕事量が減り、親御さんも楽になります(笑)

 

 

具体的にどうすればいいかというと、右でも左でもいいのですが、どちらかの足で地面を3回蹴って加速させます。

 

 

大人だと当たり前のような感じもしますが、教えないと幼児にはわかりません。ランバイクと違ってペダルがある分、地面をけるという動作がやりにくいので、ペダルが前、足が後ろという位置関係を左右どちらかでつくり、地面をその足でちょんちょんと蹴らせます。

 

 

16インチなど若干大きいサイズの自転車に乗る場合は足つきが悪くこの動きが案外難しいですが、若干車体を蹴る足側に傾けてから始めるといいです。親御さんがペダルと足の位置関係をセッティングし、地面をけるタイミングに合わせてトントントンなどの声掛けをすることで加速が生み出せます。はじめはこの動き+背中押しで加速させたり、ほんのちょっと下り坂になっている場所でやってみるのも良いです。

 

 

それでは今日はこのあたりで^^また次の記事で続きをかいていきますので、見て下さいね^^

 

 




《店舗情報》
 ◎住 所
 〒851-0126  長崎県長崎市芒塚町239−3

 ◎営業時間
【ジ ム】 6:30〜20:00
カフェ】11:00〜15:00
 ※駐車場有り

 ◎定休日/日曜日、第1・3月曜日

Leave a Reply